相続関連情報

相続の事を考えると、いろいろ大変なんだと思いました

私は相続の事を、今まで真剣に考えた事はありませんでした。
私の持っている全財産はあまりなくて、子ども達に残してやるほどのものはないのです。
子どもは三人いて、それぞれ独立しています。
ですから、私が心配する事もなく、ごく普通に生活してくれたら一番良いと思っていました。
久々に友人と会い、その事を話していると、友人が相続の事はそんな甘い考えではだめだと言っていました。
よく聞くと、その友人は両親を亡くしていて、相続でもめて兄弟関係に亀裂が生じたそうです。
それも相続するものは対した事なかったらしいのですが、それでも少しでも多くという考えから、お互いの連れ合いまでが話に加わってもめたそうです。
不動産こそなかったのですが、金額でそれだけの事があったのなら、不動産所有ならもっとこじれたと思います。
それにしても全然関係ない連れ合いが話に出て来たら、あまりよくないと思います。